ECS Season 1 Finals Liquid vs G2 フィードバック

当初はピストルラウンドをScreaMの3キルで勝利したG2が誘導。3ラウンドを取り去るが4ラウンド眼を取られ3-1。
ここからs1mpleが素晴らしいエントリーキルを連発。こういうコンペティションエントリーフラッガーとして動いていたが、おっかないまでにビンゴさせ完全に流れを引き寄せる。
8割以上のエントリーキルをビンゴさせられてはG2はたまったものではなく、丸々ズルズルとラウンドをなくし続け当初を9-6で折り返す事例と陥る。
近づくためにもピストルラウンドを取りたいG2だが、nitr0、Hikoのファインプレイで勝利したLiquidはそのまま放り出す。
G2はまともに建て直す事も許されずにそのまま7ラウンドを洗い流し、16-6と後述1ラウンドも得ることができずに敗北した。
こういうコンペティションはs1mple自分にしてやられた感じで、第一線のコンペティションからは遠ざかっているにも関わらずにこういう動きはもの凄い。
この後のLG戦でも暴れられるかに注目したいとおもう。ミュゼ ひげ

おもしろウェブサイトで、そんな書き込みを熟読

今日もウェブサイトのおもしろインターネットを見ています。
「@nifty デイリーポータルZ」だ。

今日は、こんな執筆を見つけました。
「この店で一番しょっぱいものを下さい」
世間には多種多様なスウィーツ店舗があります。
各店で「一番しょっぱい一品」って何?

まず最初に訪れたのが、不二家くんだ。
不二家くんで「一番しょっぱい一品」は、焼きチーズタルトだそうです。
レポーターくんが食べたコメントは「満載、生易しい」とのことです。

続いて訪れたのが、コージーコーナーくんだ。
同店で「一番しょっぱい一品」を聞いてみたら、誠にチーズデザートだとか。
不二家くんと偶然の対応だ。
同店のチーズデザートには数種類あり、なかでも甘さ少なめなのが「チーズデザート」だ。
Kiriのクリームチーズを実施、スフレのようなふっくらの口当たりで人気の売り物だ。

続いて、ミスタードーナツも訪れます。
同店で「一際しょっぱいドーナツ」は、フィナンシェドーナツだそうです。
でもこちらも「満載、生ぬるい」とのことでした。脱毛ラボ アンダーヘア

障害への取扱いという無事故について教育

コネクションの弱みについて勉学しました。無視できない弱みが山積始めるコネクション社会に、私たちはどうして対処していけばよいのでしょうか。結論は大きく分けて2つあります。一つは不正なトラフィックや災害を防いだりする作用や、災害の生起から速やかに復旧する結果などの作用をお先に構造に持ち込む、といったシステムで対処することです。もう一つは、複雑なコネクション世間へあなたひとつひとつが規則正しい知力といった技及びルールをもちまして参加することです。つまり個人で対処して行く視点だ。私たちはこれらの2つの経路を上手に組み合わせてDB化社会で活用して出向く必要があります。構造の災害は社会にマズイ影響を及ぼす結果、構造を構築するときに無事故(セーフティ)を上げるように設計する必要があります。何よりホームページものの大勢のあなたという複雑につながったコネクションの無事故を確保するには、コネクションを構成している個々の構造が無事故を決める必要があります。知らないことを勉学できて良かったです。ベルタ葉酸